そらから落ちてきて そしてまた そらに還っていく私たち やがていつか・・・

脳波の話

脳波とは、脳の神経細胞から出る弱い周期性の電流のことです。
波というくらいですから、計測すると波のようなグラフに表されるそうです。

人間の脳は大まかに4つの状態に分けられます。

アルファ、ベータ、シータ、デルタ波です。
その区別は、脳波の速さ=ヘルツ(振動数)であわらされます。

アルファ波
14Hzから8Hzの周波数領域です。
この状態はリラックスしていて、覚醒と睡眠の間の状態と言われています。
実は精神活動が活発で、意識レベルが高まっている状態だそうです。
この状態では心拍数が遅くなり、呼吸もゆっくりになっています。
精神的、肉体的にリラックスすれば、アルファ波が優勢になります。
ヒプノでは、この状態をリラクゼーションで作り出し、潜在意識にアクセスします。

ひらめきが起こりやすく、問題解決、集中力を発揮するのに最適な状態です。
瞑想状態、白昼夢、映画鑑賞中や運転中などにもアルファ波を出していると言われています。

車の運転中で、気持ちよく自動運転のような状態では、アルファ波が優勢で、
突然脇から車が割り込んできたり、交差点で歩行者に注意して曲がる時などには、
左脳が活発になりベーター波優勢に変わるようです。

ベーター波
左脳中心の日常生活をしているときは、ほとんどこの状態になります。
やや緊張した状態から興奮した状態まで、この脳波がでています。
脈拍も早く、呼吸数も増えます。

シータ波
8Hzから4Hzの間の周波数です。
深い瞑想状態や、まどろみの状態です。

デルタ波
4Hzから0.5Hzの最も遅い状態で、無意識の状態です。
38Hzから14Hzの間の、最も脳波が早い状態です。
深い眠りについている状態や無意識です。

PAGETOP
Copyright © 天のしずく All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.